ブログ

東京オリンピックのマラソンコースを巡りつつ名所探訪~前編~

オリンピックで世界のトップレベルの選手が競い合うコースの風景と距離を実際に体感しながら、コースにちりばめられている名所を巡り、オリンピック観戦の準備と東京観光を同時に果たす観光プランです。

■新国立競技場■


工期厳守の観点から新国立競技場の建設現場の公開はされていませんが、屋根工事はほぼ完成して11月完成に向けて順調に建設が進んでいますから、その外観や付近の景色を見るだけでもオリンピックが近づいてきている期待感を感じることができるはずです。

■浅草雷門■


雷門は浅草寺の総門に位置づけられ正式名称は風雷神門となっています。
言わずと知れた浅草のシンボルであり、国内のみならず海外でも広く知れ渡っていて観光客の写真撮影の定番スポットになっているのです。

雷門から浅草寺までの仲見世通りにはお土産のほかにも浅草名物のすき焼きやもんじゃの店が立ち並んでいます。浅草花やしきの日本最古のローラーコースターや人力車に乗ってみるのもほのぼのしておすすめです。

■皇居■


皇居東御苑は自由に見学可能で大手門、平川門、桔梗門のいずれかから札を受け取り入門し、退問する時に札を返します。

入門する時にパンフレットがもらえますから迷うことなく自由に松の廊下や天守閣跡を見学できますが、皇居一般参観コースは予約が必要です。

皇居一般参観コースは案内係に導かれ宮内庁舎や宮殿東庭、宮殿などを見学しますが、見学前のみ皇居でしか買えないお土産を生協の売店で買うことができます。

後編はこちら

  • 東京オリンピックのマラソンコースを巡りつつ名所探訪~前編~ はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る