ブログ

現代の東京で江戸を体感できるスポット~前編~

徳川政権時代に整備発展を遂げた江戸が現在の東京であることは周知の事実でしょう。
18世紀頃には世界最大規模の人口と経済を誇った江戸。
しかし、その後の大震災や戦争による大空襲などで江戸時代の名残りを伝える場所はほとんど消えてしまいました。
現在では、花のお江戸の雰囲気を感じられる場所は東京でもまれです。
東京での歴史観光にオススメのスポットを紹介します。

博物館



江戸を知りたいならまずここ。
江戸東京博物館は、消えゆきつつある江戸時代の文化と歴史を後世に伝えることを目的とした博物館です。
庶民の生活ぶりを解説した展示や、当時の雰囲気を伝える浮世絵など資料が充実。
特に、当時の日本橋や下町の様子を再現したジオラマは圧巻の一言です。
花のお江戸と呼ばれた、当時の世界最大級の大都市江戸の全貌を眺めることができます。
江戸の歴史に興味を持ったなら絶対に外せないスポットですね。
楽しみながら学べる素晴らしい博物館です。
展示が充実し過ぎており、うっかり長居してしまいがちなのが唯一の欠点ですね。

庭園



江戸時代の香りをそのまま残しているのが、当時の大名庭園です。
大名たちは自分の屋敷内に贅を尽くして庭園を作り、その美しさを競い自慢しました。
当時の1流の職人たちが集められ、その技術の結晶とも言える大名庭園。
江戸時代は終わり大名たちも姿を消しましたが、庭園だけは残り今でも市民の目を楽しませてくれています。
オススメなのは、小石川後楽園です。
水戸徳川家によって作られた小石川後楽園は、国の名勝にも指定されている景観地。
春はサクラ、夏はツツジやショウブ、秋は紅葉、冬はウメと一年中楽しめるところが特徴。
江戸時代に想いを馳せながら散歩するにももってこいのスポットです。
大名になった気分で、当時から変わらない庭園の美しさに浸ってみてはいかがでしょう。

後編はこちら

  • 現代の東京で江戸を体感できるスポット~前編~ はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る