ブログ

意外と早い東京の夜〜前編〜

世界有数の大都会、東京。その中でも新宿や渋谷は、不夜城というイメージがありますね。

そのイメージから、東京はいつでもどこでもお店が開いている便利な街!というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はそうでもありません。

実際はどうなのか、一つずつ見ていきましょう。

 

◆場所によって大違い!夜の事情

446922238_7687e17c85_o

渋谷や新宿、六本木といったところでは、深夜営業の総合ディスカウントストアがあり、また飲食店も多く大変便利です。では東京が皆そうかというと違います。

その土地によって街の表情が大きく変わるのが東京の特徴でもあります。山手線内でも北部の白山や巣鴨といったところは、夜は早いものです。

実は、東京駅周辺もその仲間に入ります。もちろん駅の中や高層ビルのテナントは遅くまで開店している店舗も多いですが、深夜に外へ出てしまうとチェーン店か飲み屋位しかない・・・ということも現実です。

特に土曜日や日曜日の夜は要注意です。19時閉店のコーヒーチェーン店がある、ということもあります。日本トップクラスの巨大ターミナル周辺でも油断禁物です。

その他、都心部でも外苑前や九段下など、もともと出張者に便利なお店が少なめのエリアもあります。下調べは入念にしましょう。

 

後編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る