ブログ

臨海部周辺の江戸スポットを巡る〜前編〜

2020年に開催される東京オリンピックでは、東京臨海部の競技場もメーン施設となることから、東京臨海部には、これから海外からのお客様が増えることが見込まれます。臨海部の中でもとりわけ、東京湾の湾奥に位置する豊洲、晴海地区は、近年大規模な再開発が盛んで、東京で最も注目されているエリアでもあります。そして、超近代的な再開発エリアから少し足を伸ばすと、そこには江戸時代から続く下町の風情ある街並みが残されています。こうした対比も、このエリアの魅力のひとつとなっています。臨海部の商業施設を基点に、海外からのお客様にも喜ばれる、タクシーで周れる、江戸を感じさせるルートをご案内します。

【アーバンドックららぽーと豊洲】

豊洲は、東京湾の最奥に位置する海辺の街です。ららぽーと豊洲は、長らくここで造船などを行っていた巨大工場の跡地に誕生したことから、造船所時代のドックをそのまま転用して現在では、東京クルーズ船の発着が行われています。お台場、芝浦、浅草などが水上バスで結ばれています。この海辺に面した絶好のロケーションに、ショッピング、アート、グルメなどのショップが揃えられており、開放感溢れる空間で、贅沢なひと時が過ごせます。
lalaport

【富岡八幡宮と門前仲町】

「深川の八幡様」として、江戸時代から親しまれ、現在も昔と変わらない信仰を集める江戸最大の八幡様です。また、この境内では、100年もの間大相撲の本場所が開催されていたことから、江戸勧進相撲発祥の地とも言われています。八幡様を抱える門前仲町の街並みは、まさに江戸の中の江戸と言える場所。豊洲からの距離は、タクシーで10分程度です。
tomiokahachiman

後編はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る