ブログ

東京で徳川家の歴史を散策する旅~後編~

<愛宕神社で出世をお願いしてみよう>


愛宕神社は、1603年徳川家康の命によって創建された神社となります。
この神社は、虎ノ門ヒルズなど高層ビルが並ぶオフィス街の中にある神社です。
見上げるような石段があり、長い石段の先に神社があるので登るのに一苦労です。
この愛宕神社の階段は「出世の石段」と呼ばれている様です。しかし、元々は出世を主とする神社ではなく、防火の神様として祀った事が始まりでした。主祭神は火産霊命です。

<寛永寺>


寛永寺は増上寺と同じ様に、徳川家の菩提寺とされています。
この御寺にも、江戸の時代を築いてきた徳川家将軍が6人埋葬されています。
4代徳川家綱、5代徳川綱吉、8代徳川吉宗、10代徳川家治、11代徳川家斉、13代徳川家定の墓所があります。
以前は非公開とされていましたが、現在は定期的に特別参拝として公開される事がある様です。

私が紹介する徳川ゆかりの観光地は以上です。
時には無理難題を示しながらも、平和な世の中を築いてきた徳川家は本当に素晴らしいと思います。
現代の観光地ももちろん魅力的ですが、歴史ある建造物を回る事もとても趣がありお勧めです。

なお、移動にはタクシーが便利!
坂本自動車のタクシーをぜひ、ご利用ください!

前編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る