ブログ

タクシーで巡る東京はしご酒〜前編〜

12月も残すところわずか、今年も残すところあと数日、いよいよ年末が迫ってきました。
連日忘年会、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
年末が近づくと、不思議とお酒を飲みながら、一年を振り返りたい気持ちになります。
中には一軒では物足りない!といった方も少なくないと思います。

東京には数多くの電車が走っており、その電車を利用して数多くの酒好きたちが一度に様々な飲み屋を巡り歩くはしご酒を楽しんでいます。
しかし一方で終電を乗り過ごしてしまった、気づいたら終着駅だった、そんなお酒の失敗エピソードもちらほら聞かれますよね。でもタクシーならそんな心配も大丈夫!ほろ酔い気分で電車の乗り換えを心配する必要もなければ、乗り過ごしを心配する必要もありません。

せっかく東京を訪れた際は、様々な場所でお酒を楽しみつつ、夜をめいいっぱい楽しんでください。
今回はそんなタクシーはしご酒をお勧めしたいと思います。

スタート:東京駅


まずはしご酒のスタートは東京駅。ここは様々なビルが立ち並んでおり、本当に飲み屋さんはあるのかと心配になるかもしれませんが大丈夫。東京駅近辺には立ち並ぶビルを眺めながらおしゃれに美味しいビールを楽しめるお店がたくさんあります。まず最初にご紹介するのは「バーバー東京」。このお店は東京駅構内の黒塀横丁地下にある国産のクラフトビールを多く扱うお店で、はしご酒のスタートとしてはもってこいの場所です!座席での飲食はもちろん、スタンディングで飲むこともできるので気軽に楽しむことができます。

2軒目:上野駅


次に移動するのは上野駅です。ここは先程までのビル街の雰囲気からうって変わり、ガード下にある大衆酒場を楽しむことができます。上野ガード下にある「大統領」では新鮮なもつ焼きを売りに、時折流れる電車の通過音を感じながら、都会ならではでの大衆酒場を肌で感じることができるでしょう。そのほかにもガード下にたくさんの大衆酒場がひしめき合っているので、お店選びに困ることはないでしょう。

後編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る