ブログ

隅田川に架かる橋5選~前編~

隅田川には現在、全部で18の橋が架けられています。どれもが特徴的で、歴史を感じさせる重要文化財に指定された橋や、東京都の歴史的建造物として選定された橋から、戦後になって架けられた橋まで、見比べると興味が尽きません。その中から選りすぐり5橋をご紹介いたします。

■勝鬨橋■

中央部分が跳ね橋のようになっている、全国的にも珍しい可動橋です。現在、はね橋を可動させることはありませんが、国の重要文化財に指定されています。また、すぐ近くで再開発された、聖路加病院のツインタワーと隅田川に架かる勝鬨橋のシルエットは、東京の象徴的なシーンとして、映像で紹介されることも珍しくありませんので、ご覧になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

■永代橋■


中央部分のアーチ形状が美しい永代橋は、架設時この立地が海に近いことから、大型船舶の通行をも視野に入れていたため、高い位置に架けられているのも特徴的です。そのため、今でも橋からの見晴らしがすこぶるよく、大川端の再開発地区に林立するタワーマンション群を川越しに見るには、絶好のスポットになっています。2007年、勝鬨橋と共に国の重要文化財に指定されました。

後編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る