ブログ

東京で新撰組の歴史を巡るツアー〜後編〜

高幡不動尊


「高幡のお不動さん」と呼ばれて地域で親しまれている高幡不動尊は、土方歳三の位牌が安置されている菩提寺です。
関東三大不動の一つともいわれており、初詣をはじめとして一年を通して多くの方が訪れています。
新選組土方歳三の菩提寺であるこの高幡山金剛寺には、近藤勇・土方歳三両雄の碑や、土方歳三の銅像、ゆかりのある様々な品や資料が展示されています。

新選組のふるさと歴史館


新撰組の歴史を中心として、様々な企画展示がおこなわれています。
分館の日野宿本陣では土方歳三、井上源三郎、近藤勇、沖田総司らが集った当時の姿残されているため、
新選組誕生当時の気配を感じることができます。

歴史ある場所を巡ろうとすると、どうしても「駅やバスからは遠い」・「住宅地の中で分かりにくい場所にある」・「次の施設に行って、また別の施設に行くのに時間がかかる」・「坂が多い地域なため徒歩だと大変」というデメリットが発生することが多くあります。
ですが、タクシーで回ればそんなデメリットをカバーして充実した1日を過ごすことができます!

坂本自動車のタクシーをぜひ、ご利用ください!

前編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る