ブログ

新橋界隈で江戸・明治の面影を見る〜後編〜

④塩竃神社

o0640048012362818167

4代目仙台藩主であった伊達綱村が1695年(元禄8年)に陸奥国(宮城県)の一宮である塩竃神社を現在の新橋周辺に分祀させました。都心でありながら木々に囲まれた参道は趣きがあります。

 

⑤烏森神社

shinbashi_karasumori2

「心願色みくじ」という恋愛・仕事・健康などによって色の異なるおみくじやカラフルな御朱印が若い女性を中心に人気があります。新橋駅からもほど近いため、仕事でいらした際にふらっと立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

 

⑥巴里小川軒新橋店

photo_shinbashi

新橋駅前にある歴史を感じるたたずまいの老舗洋菓子店です。東京を代表するお土産といっても過言ではありません。
おススメは創業以来変わらぬ味を守り続けているオリジナル商品の「レイズン・ウィッチ」です。程よい洋酒の香りが広がり、サクッとしたクッキーとなめらかな舌触りの特製クリームは絶妙です。

いかがでしたか? 新橋界隈の定番スポット、ぜひ行ってみてください!

なお、移動にはタクシーが便利!
坂本自動車のタクシーをぜひ、ご利用ください!

 

前編はこちら

  • 新橋界隈で江戸・明治の面影を見る〜後編〜 はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る