ブログ

新橋界隈で江戸・明治の面影を見る〜前編〜

新橋というと、サラリーマンの街という印象を抱いている方は多いことでしょう。
しかしその昔、日本で初めて鉄道網が敷かれるなど文明開化の象徴であった街でもあります。また、四季を通して様々な姿を見せてくれる大庭園や江戸の名残を感じることができる寺社仏閣や老舗店も多くあります。以下では、そんな歴史と文化の街である新橋界隈を巡る手軽なスポットを紹介します。

 

①浜松町駅

tch203

スタートは、JR山手線、京浜東北線、東京モノレールが乗り入れる浜松町駅から。羽田空港への玄関口でもあるため、アクセスしやすい駅です。
ここから、まずは『旧浜離宮恩賜庭園』へ参りましょう!

 

②旧浜離宮恩賜庭園

SONY DSC

東京都内では最も古い大名庭園のひとつであり、明治時代には皇室の芝離宮でした。典型的な回遊式泉水庭園であり、かつては海水を引き入れていました。

 

③浜離宮恩賜庭園

09

旧浜離宮恩賜庭園からほど近くにあり、こちらもまた東京湾の海水を引き入れた池が広がっています。庭園内には桜木やもみじが植樹されており、四季折々の美しい姿を見せてくれます。

 

後編はこちら

  • 新橋界隈で江戸・明治の面影を見る〜前編〜 はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る