ブログ

東京の専門店街を歩いてみる〜前編〜

東京にはさまざまな専門店街があります。中には、小売りをしている問屋さんのある専門店街も。
そんな専門店街を歩いてみましょう。

<合羽橋道具街>

かっぱ橋道具街作業
専門店街といえば、合羽橋。
料理道具からお店のユニフォーム、内装用品まで、飲食業のことならここにお任せ。
合羽橋道具街通りの約800mに沿って、約170店舗ものお店が並んでいます。
しかも、小売りをしてくれるお店がほとんど。
大きなお鍋や食品サンプルは見ているだけでも楽しめますよ。
海苔がつかないおむすびのパッケージ、紙ナプキン、食器など使える物がいっぱい。
食品サンプルのお寿司ストラップなど、ユニークなおみやげも。
問屋街ですが、土曜日なら90%、日曜日でも30%のお店が営業しているそうです。
東京メトロ銀座線田原町駅徒歩5分。
JR上野駅、JR鶯谷駅、都営浅草線・東武伊勢崎線浅草駅からタクシーの利用も便利です。

<神保町古書街>

P6081084
学生の街、神保町。
専門書、雑誌、古書、古地図、漫画・・・あらゆる本が集まる本の街です。
しかし初めてでどうしたらいいか迷うこともあるでしょう。
そんなときに立ち寄りたいのが「本と街の案内所」です。
本の探し方だけでなく、ランチ情報なども聞くことができます。
また神保町はスキー・登山など、アウトドア専門店の老舗が集まる街でもあります。
カレーも有名。
神保町古書街へは、三田線・新宿線・半蔵門線神保町駅徒歩1分。
日曜日、祝日はお休みのお店が多いようです。
「本と街の案内所」は神田神保町1-7-7、営業時間は11:30〜18:00、定休日は日・祝。
後編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る