ブログ

西郷隆盛ゆかりのスポットめぐり〜後編〜

勝海舟と西郷どんの繋がりを示す「留魂祠」

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1

西郷どんを弔うために勝海舟が建てた留魂祠が洗足池公園の洗足池のほとりに建っています。
そして、そのすぐそばには勝海舟夫妻の墓所も。
江戸城無血開城会談の帰り道、洗足池で休んだことをきっかけに勝海舟はこの地に洗足軒という別邸を作り、またここに墓を作ることを遺言としました。
別邸を置き、永眠の場に選ぶほど愛した場所に、勝海舟は西郷どんのための祠を建てたのです。
西郷どんがいかに魅力的な人物であったかが伺えるのではないでしょうか。

 

西郷の名がついた「西郷山公園」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西郷山公園はドラマのロケ地としても有名です。

ここに西郷どん本人が住んだことはありません。
明治の代となり西郷どんは政府への出仕を断り、鹿児島へと帰国、そのまま隠遁しようとします。
そんな西郷どんが再び活躍することを願い、西郷どんが上京した時の住居用にと実の弟である西郷従道が購入した土地が西郷山公園一帯。
ところが、西南戦争で西郷どんは帰らぬ人となってしまい、結局、従道が自宅を建てて住んだそうです。
このエピソードも、人々に強く慕われ、信頼を寄せられた西郷どんらしいと思いませんか?

お寺や公園などはタクシーでアクセスするのがおすすめです。
多くのスポットを巡るためにも、ぜひ坂本自動車のタクシーをどうぞ。

 

後編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る