ブログ

  1. 臨海部周辺の江戸スポットを巡る〜前編〜

    2020年に開催される東京オリンピックでは、東京臨海部の競技場もメーン施設となることから、東京臨海部には、これから海外からのお客様が増えることが見込まれます。臨海部の中でもとりわけ、東京湾の湾奥に位置する豊洲、晴海地区は、近年大規模な再開発が盛んで、東京で最も注目されているエリアでもあります。

  2. 隅田川七福神めぐり〜後編〜

    【長命寺】弁財天が祭られています。境内のすぐ裏にさくら餅で有名な「長命寺さくら餅」が店舗を構えています。また、境内にあったお店には、明治の俳人・正岡子規が仮寓していたことでも知られます。【引福寺】黄檗宗に属する禅のお寺です。布袋尊が祭られています。

  3. 隅田川七福神めぐり〜前編〜

    隅田川七福神めぐりは、日本全国にあまたある七福神めぐりのルーツです。七福神めぐりは、江戸時代にはのどかな農村地帯であった現在の墨田区を、寒い冬でも楽しく歩くために、当時この地をこよなく愛していた文人墨客が考え出した優雅な遊びです。

  4. 東京を十分に味わえる鉄板デート(後編)

    【歩いて晴海客船ターミナルへ】ちょうど日が暮れた頃、晴海客船ターミナル到着。展望室からレインボーブリッジも見え、太陽が沈みゆく毎に、ネオンの明かりも鮮やかさをましてキラキラ輝いてみえます。ただ眺めているだけで心もキラキラとときめきますよね。

  5. 東京を十分に味わえる鉄板デート(前編)

    地方から東京に初めて来る方にとっては、まさに「これぞ東京!」が体感&味わえる!東京鉄板デートをご紹介します!【まずは歩いて銀座を散策】新橋駅から銀座8丁目の交差点を目指し、歩行者天国の中央通りをそのまま北上して、晴海通りとぶつかる銀座四丁目の交差点へ向かって、“THEギンザ!...

  6. Webサイトリニューアル

    2016.2.1 サイトリニューアルいたしました!...

ページ上部へ戻る