ブログ

2020年を先取り!東京オリンピック会場めぐり!〜前編〜

 

2020年に東京で開催される夏季オリンピック。
エンブレムも決定して、はやくもオリンピックムードが盛り上がる気配です。
今から楽しみな東京オリンピックをちょっと先取り!都内にある競技会場のうち、ヘリテイジゾーンをめぐってみましょう。

①絶対におさえておきたいのがオリンピック・スタジアム。新国立競技場。

NNSJ

といっても、完成はまだ先。
立地だけの見学となるとはいえ、近くには国立代々木競技場、東京体育館もあるので、当初目指した「都心でのコンパクトなオリンピック」の雰囲気はつかめるはず。
オリンピック・スタジアムは式典が開かれるメイン会場となる予定で、陸上競技・サッカーが行われます。
最寄り駅は、外苑前駅・千駄ヶ谷駅・信濃町駅。

卓球の会場となる東京体育館はオリンピック・スタジアムの西側。

Tokyo_Metropolitan_Gymnasium_2008_cropped
槇文彦による設計で、複雑な屋根の形状が特徴。
スポーツ関連書籍や雑誌が読める無料のスポーツ情報コーナー、カフェテリアの他、リラックスコーナーには無料マッサージチェア女性向けにエステコーナーもあります。
神宮前駅、原宿駅が最寄りの代々木競技場はハンドボールの舞台。

Yoyogi-National-First-Gymnasium-01
オリンピックスタジアム、東京体育館からの移動はタクシーでもいいかもしれません。
丹下健三による体育館はライブ、イベントでも有名。
代々木公園側の広場はオリンピックプラザという広場になっています。
代々木公園は、1964年の東京オリンピックの選手村だった場所です。

 

 

後編はこちら

  • 2020年を先取り!東京オリンピック会場めぐり!〜前編〜 はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る