ブログ

皇居のおすすめ撮影ポイント〜前編〜

グッドビューポイントが数多くある皇居。
中でもここは絶対におさえておきたいという撮影ポイントをご紹介します。
皇居の定番風景、歴史を感じる遺構、美しい自然・・・
東京観光の思い出をキレイに残してくださいね!

 

二重橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

まずはいかにも皇居!な撮影ポイント。

報道でも頻繁に目にするのが、二重橋ではないでしょうか。
皇居正門と長和殿の間にあり、二重橋濠にかかっている橋です。
真横から見た姿からめがね橋と呼ばれることも。
ちなみに、実は二重橋というのはこの橋の奥にある正門鉄橋を指すもので、一般的に二重橋と呼ばれている石造りの橋は正門石橋というのが正しいのだとか。
お正月や天皇誕生日など特別な日を除いては厳重に警備され、普段は渡ることはできません。
その瀟洒で美しい姿を、心とカメラに収めましょう。
水面に映った橋を意識した構図がおすすめです。

 

桜田門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜田堀と凱旋堀の間にあります。
「桜田門外の変」で知名度が高く、観光の記念として絶対に外せない撮影ポイントです。
桜田門は第一の門・高麗門、枡形の広場、そして右に折れてある第二の門・渡櫓門からなります。
立派な城門は江戸城のまま残ったもので、昭和36年に国の重要文化財に指定されました。
高麗門は、正面から撮影しても、お濠越しに渡櫓門を入れて斜めに撮影しても、実に様になります。
渡櫓門は重厚感を生かして。
迫力ある石垣の撮影も忘れずに。

 

後編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る