ブログ

池袋で楽しめる「痺れる」辛旨グルメ3店〜前編〜

激辛マニアの方は多いですが、みなさん辛さについても色々とこだわりがあるものです。今回は、いつもにぎやかな池袋駅で楽しめる「痺れる!辛旨グルメ」3店をご紹介したいと思います。

 

激辛マニアの間で有名な、「栄児(ロンアール)家庭料理」

640x640_rect_46671626

まずは、池袋を代表するスポットでもあるサンシャインにお店を構える「栄児(ロンアール)家庭料理」です。都内でもかなり本格的な四川料理を味わえるお店として激辛マニアの間では超有名店。ここでぜひとも味わって欲しいのが「汁なし担々麺」です。山椒の効いた、いや効きすぎたタレを麺に混ぜて頂くと、痺れと辛さの後に、何とも言えない濃厚な旨味と清涼感が漂います。他では絶対食べられない、本場の味ですよ。

インパクト十分!「硯家(すずりや)」の「四川麻辣うどん」

640x640_rect_34009279

次にオススメしたいのが、「硯家(すずりや)」の「四川麻辣うどん」です。こちらはうどんの有名店なのですが、定番からオリジナルまで人気と実力を併せ持つメニューがずらり。その中でも見た目、味共にインパクトを誇るのがこの一品です。
やさしい風味のだしと、強烈なスパイスの組み合わせは異色ながらも癖になる味。うどん屋さんの「四川風料理」とあなどってはいけません。四川料理以上に四川の辛味、痺れを感じる一品です。

後編はこちら

  • 池袋で楽しめる「痺れる」辛旨グルメ3店〜前編〜 はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る