ブログ

今の日本が見える?クールジャパンな浜離宮恩賜庭園〜前編〜

世界に様々な都市はあるけれど、東京ほど魅力的な街はそうはないでしょう。
スタイリッシュな最新のビルが立ち並びながら、緑豊かな公園をそこかしこに有している。そしてふと足を止めると道の片隅には江戸期のお寺の姿があり、人々はこぞって手を合わせている。
今も残る江戸の心意気と世界有数の大都市の姿、過去と現代が合わさったような街、東京をみることができる場所、それらが見ることができる場所をご存知ですか?

浜離宮恩賜庭園は、日本を代表する大名庭園の一つ。

13351448115_66004eae9a_b

東京都の都市公園としては最大のものです。周りは近代ビルディングに囲まれた現存する江戸時代の庭園です。寛永年間(1624〜1644年)まで将軍家の鷹狩場でしたが、その後、将軍家の別邸となり、造園改装を重ねて、11代将軍の家斉の時代にほぼ現在の形となりました。明治維新後は、皇族の離宮となり、昭和20年に東京都へ下賜されました。

 

後編はこちら

  • 今の日本が見える?クールジャパンな浜離宮恩賜庭園〜前編〜 はコメントを受け付けていません。
  • 観光ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る