ブログ

東京の希少な5つの博物館を探訪~前編~

東京には有名な博物館が数多くありますが、中には滅多に見ることの無い博物館もあります。そんな博物館を見て回るのも楽しいものです。

消防博物館


消防博物館では、江戸時代からの消防の歴史が紹介されていたり、世界の消防車などが展示されたりしています。実際に使われていたポンプ車やはしご車はやっぱり迫力があります。屋外には消防ヘリコプターがあり、操縦席に乗ることができます。また、映像室では東京消防庁オリジナルの映画が上映され、シミュレーターでは消防を体感することができます。館内には持参したお弁当を食べられるスペースも用意されています。

東武博物館


東武博物館は電車やバスなど、身近な公共交通機関を見学できる博物館です。屋内外に、本物の車両がいくつも並べられています。蒸気機関車が使用されていた時代から、現代の電車に至るまでの交通技術の発展を詳しく知ることができます。中でも、電車やバスの運転体験が楽しめるシミュレーターは子どもだけではなく、大人まで無邪気に楽しんでいます。実際に走っている電車の車輪やモーターなどを間近で見られる「ウォッチングプロムナード」も人気の的になっています。

地下鉄博物館


地下鉄の歴史の紹介から、新しい技術までを「みて、ふれて、動かして」をモットーに、楽しく学習のできる参加型の博物館です。知る機会の無かった地下鉄の歴史が分かるだけではなく、すでに引退した日本で初めて走った黄色い車体の1001号車や、有名な真っ赤な車体の丸ノ内線301号車の実物が展示されています。また、プレイランドには運転シミュレーターがあり、実際に運転手になった気分で地下鉄を運転できます。

後編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る