ブログ

劇団四季のミュージカルを観にいこう〜前編〜

ニューヨークに行けばブロードウェイにミュージカル観劇に行く人が多くいますが、東京に行くなら劇団四季はいかがでしょう。
歌と踊りで構成されたミュージカルに、難しい理屈は要りません。誰でも間違いなく楽しめます。
東京では、劇団四季のミュージカルが毎日多くの劇場で上演されています。
東京行きが決まったら、観劇のチケットは公式サイトで早めに購入しましょう。

四季劇場「春」「秋」(クローズ中)

竹芝(浜松町)にある四季劇場「春」「夏」は有名でしょう。
1998年のこけら落とし以来、「春」では「ライオンキング」をロングラン上演していましたが、2017年に竹芝再開発のためいったんクローズしました。
春秋揃って、2020年に新装復活予定です。
春のこけら落としは、映画で有名な「アナと雪の女王」です。

電通四季劇場「海」

主たる劇場を一時失った劇団四季ですが、他にも専用劇場があります。
まずは、お隣の汐留(新橋)にある、電通四季劇場「海」。
日本テレビなどもある汐留地区の最も海側の電通ビルに入っており、2002年のオープン以来「マンマ・ミーア」「オペラ座の怪人」などの名作を上演してきました。
現在は、2015年から「アラジン」のロングラン公演中です。

後編はこちら

  • 劇団四季のミュージカルを観にいこう〜前編〜 はコメントを受け付けていません
  • 観光ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る