ブログ

東京銅像めぐり〜後編〜

 

【ハチ公像】

PAK77_shibuyahachikou20140921132319_TP_V

おそらく日本一有名な犬ではないでしょうか。

待ち合わせ場所としてもおなじみで、渋谷駅の出口の名前にもなっている忠犬・ハチ公。

ハチ公は東京大学農学部の教授であった飼い主の上野英三郎の死後も渋谷駅でその帰りを待ち続けたことが人々の心を打ち、新聞記事となって取り上げられ、尋常小学校の教科書にものりました。

後には日米両国で映画化もされています。

秋田犬であるハチ公のために日本犬保存会が銅像の製作を依頼し、ハチ公立ち会いの元、1934年に除幕式が行われました。

初代のハチ公像は、戦時中に資材として供出されてしまっています。

現在のハチ公像は、戦後に作られた二代目・ハチ公像なのです。

製作:安藤士

場所:渋谷駅ハチ公口

 

【車寅次郎像】

13

映画「男はつらいよ」シリーズの主人公・車寅次郎の銅像が、故郷である葛飾区柴又にあります。

主演の俳優・渥美清が永眠し映画が終了したことを惜しんで、地元商店会と観光客からの募金によって建てられました。

シリーズ40作目「男はつらいよ?寅次郎サラダ記念日」から、妹・さくらの方へ振り返る旅立ちのシーンを再現したそうです。

場所:京成金町線柴又駅前

他にもいろいろな面白い銅像があります。

その土地のいわれや、エピソードがわかるので、銅像めぐりも楽しいものですよ。

 

前編はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る