ブログ

東京で幕末を巡る旅~前編~

東京には、幕末の雰囲気を味わえるスポットが多数あります。
今回は、東京で幕末を巡る旅をご紹介します。

浜川砲台


幕末の中でも特に人気だと言われているのが、坂本龍馬です。
いわゆる龍馬ファンならば知っているかもしれませんが、浜川砲台は龍馬が警備についていた場所でもあります。
現在でも砲台を見ることができますので、次に紹介する坂本龍馬像と共に楽しむのも良いでしょう。
最寄駅から徒歩5分以内の場所にあるため、電車でも問題はないのですが龍馬像も合わせて楽しむ予定ならば、タクシーの方が効率的に回ることができます。
像だけを見て、近くにある浜川砲台は無視してしまうという人が多いので龍馬ファンとして誰にも負けたくないというのであれば、ここは欠かせない場所です。

坂本龍馬像


坂本龍馬像と言えば、龍馬が誕生した高知県の桂浜が有名です。
しかし東京にも龍馬像が存在するのです。
この像は龍馬が20歳くらいの頃を再現していると言われており、上述の通り、付近の浜川砲台の警備についていたことからこの辺りで生活をしていました。
高知県の像よりも大きくはありませんが、また違った表情と景色に佇んでいるため新たな発見があるかもしれません。
龍馬ゆかりの場所であることから、付近には龍馬ゆかりの商品を販売している店も多くあります。

~後編はこちら~

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る