ブログ

建築家安藤忠雄を巡る一日プラン〜前編〜

冬の訪れを感じる季節となり、今年も残すところ1ヶ月となりました。
東京に来られた際は、建築家安藤忠雄の建築物を巡られてはいかがでしょうか?

安藤忠雄


安藤忠雄は1941年に大阪で生まれました。プロボクサーを経て、独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立しました。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」などがあります。1979年に「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年に日本芸術院賞、1995年にプリツカー賞、2003年に文化功労者、2005年に国際建築家連合ゴールドメダル、2010年にジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年にフランス芸術文化勲章を受賞しました。2015年にイタリア共和国、1991年にニューヨーク近代美術館、1993年にパリのポンピドー・センターで個展を開催しています。イエール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授を経て、1997年から東京大学教授になり、現在、名誉教授です。
安藤忠雄の建築の特徴は打ちはなしコンクリート、単純な幾何学的造形、自然との共存です。
都市では、意図的に余白を作り出し、人の集まる場を作り出すことを試みてきました。それは、表参道ヒルズ、東急東横線渋谷駅などで見ることができます。
また彼は、歴史的な建物再生にも熱心に取り組んでいますが、彼にとって歴史的な建物の再生とは、新旧が絶妙なバランスで共存する状態を作り出すことです。この活動の成果は国際こども図書館で見ることができます。

表参道ヒルズ


表参道ヒルズは、地下空間を活用して建物の高さをケヤキ並木と同程度に抑えると共に、屋上緑化を実施し、関東大震災後、復興計画の一環として建設された旧同潤会青山アパートを同潤会アパートとして再生しました。本館中央の吹き抜け空間を螺旋状に囲むように位置するスパイラルスロープは、表参道の坂とほぼ同じ勾配を持ち、第二の表参道として街と施設をつなぐ役割を果たしています。

後編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る