ブログ

遊びに行ける!東京のテレビ局ガイド~前編~

東京には、日本のテレビ局の代表「キー局」が集まっていますが、一般に公開しているエリアを楽しめるんです。
そんな「遊べるテレビ局」をご紹介します。

日本テレビ(汐留)

臨海部のオフィスビルが立ち並ぶ汐留にあるのが日本テレビ。その一般公開エリア「日テレPLAZA」には、宮崎駿がデザインした「日テレ大時計」がどーんと出迎えてくれます。また、番組の放送を行う「マイスタ」「ゼロスタジオ」が通路から見えるので、放送時間に合わせれば実際に生放送している現場を眺めることができます。番組グッズを扱う「日テレ屋」をはじめ、飲食店や物販店が多いのも特長。新橋や銀座エリアも近いので、観光コースに組み入れてみるのもおすすめです。

TBSテレビ(赤坂)

TBSの放送センターがある再開発エリアは「赤坂サカス」と呼ばれ、局舎の隣に、劇場やライブスペース、ショップがずらり立ち並びます。残念ながらスタジオは見えないのですが、局舎の前に広がる「サカス広場」ではイベントもよく行われていて、運が良ければ収録シーンが見られるかも。またエリア内にある「TBSストア」には番組のオリジナルグッズや、TBSのマスコットキャラクター「BooBo」のアイテムがずらり勢ぞろい。時間を忘れて見入ってしまいそうです。

後編はこちら

  • 遊びに行ける!東京のテレビ局ガイド~前編~ はコメントを受け付けていません
  • 観光ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る