ブログ

気分は江戸時代のお殿様!東京の大名庭園をタクシーで~後編~

肥後細川庭園


九州の大名、細川家が造園した大名庭園です。
目白台台地の地形を有効に生かした池泉回遊式庭園として、起伏が富んだ眺望を楽しむことができます。
冬には松の雪吊りも見ることができ、四季を通じて楽しめます。
明治期も細川家が丹精こめて管理してきたことから、整備された大名屋敷の中でも特に整備されている印象を受けます。

甘泉園庭園


徳川吉宗や息子の徳川家重の時代に作られた御三卿の1つ、清水徳川家が作った大名庭園です。
清水家の庭園らしく、湧水が出ており、その湧水は茶の湯に最適だったことから甘泉の名がつきました。
水を生かした起伏のある景観が特徴で、水の流れすらも庭園の景観を楽しむ行為になるくらい、水にこだわった庭園です。

全国各地から参勤交代でやってきて大名が一定期間住んでいた江戸屋敷、その江戸屋敷にある大名庭園は、どれも素晴らしいもので今回紹介した以外にもタクシーで巡りたいところは数えきれません。
1日ではめぐり切れない大名庭園を二度三度と訪れて全て制覇するのも良いのではないでしょうか。
もちろん効率よく余裕をもって鑑賞するのは、タクシーの利用が便利でおすすめです。
坂本自動車のタクシーをぜひ、ご利用ください!

前編はこちら

  • 気分は江戸時代のお殿様!東京の大名庭園をタクシーで~後編~ はコメントを受け付けていません
  • 観光ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る