アーカイブ:2019年 4月

  1. 様々な楽しみ方の存在する東京タワー~後編~

    バラエティ豊富なお土産ショップタワー3階フットタウンには漫画ONE PIECEのコラボショップ東京ONE PIECEタワーやマザー牧場ショップ、土産物店が設置されていて、ここだけでも十分楽しめる要素が揃っており、こちらは洗練されたイメージの新しい雰囲気が漂っています。

  2. 様々な楽しみ方の存在する東京タワー~前編~

    東京タワーは333メートルのかつて放送塔として使われていたタワーで、東京のランドマークとして非常に存在感を発揮しています。東京を一望できる展望フロア展望フロアにはガラスの床が設置されており、非常にインパクトのある眺めを楽しむこともできます。

  3. 現代の東京で江戸を体感できるスポット~後編~

    神社仏閣当時も今も日本人が変わらないのは、神仏を大切にする心と神社仏閣の賑わいだと言えます。何百年という時を越え、神社仏閣はそこに訪れた人を結びつけるのです。江戸時代を偲ぶならば、上野の寛永寺と浅草の浅草寺がやはり一番ですね。

  4. 現代の東京で江戸を体感できるスポット~前編~

    徳川政権時代に整備発展を遂げた江戸が現在の東京であることは周知の事実でしょう。18世紀頃には世界最大規模の人口と経済を誇った江戸。しかし、その後の大震災や戦争による大空襲などで江戸時代の名残りを伝える場所はほとんど消えてしまいました。

  5. メイドだけじゃない 秋葉原で訪れたい○○カフェ~後編~

    男の娘カフェ時代の最先端を走り続ける秋葉原、なんと男の娘をコンセプトにした全国的に見ても非常に珍しいカフェまで存在します。「男の娘カフェ&バー NEWTYPE」でお客様を迎えてくれるキャストさんはなんと全員女装男子。しかも、皆さん本格派です。

  6. メイドだけじゃない 秋葉原で訪れたい○○カフェ~前編~

    今や秋葉原の名物となったメイドカフェ。メイドカフェ目当てに、オタク文化に精通した外国人も秋葉原を訪れるようになっています。しかし、常に時代の最先端を行く秋葉原はいつまでもメイドカフェに留まってはいません。新しい形態の○○カフェが日々登場しています。

  7. 隅田川(東京湾)の潮入庭園4選~後編~

    ■浜離宮恩賜庭園再開発された汐留からも程近い場所にある、25ヘクタールに及ぶ広大な都立庭園です。

  8. 隅田川(東京湾)の潮入庭園4選~前編~

    かつて東京の東部を流れる隅田川に沿っては、武家の下屋敷が並んでいました。現在、それらの多くは庭園や公園として一般に公開されています。こちらではその中から、東京湾や隅田川の干満を利用した、潮入回遊式庭園4選をご案内します。

  9. 定番だけれどお台場がおすすめ~後編~

    ・室内でも楽しめるジョイポリスやマダムタッソー東京など、室内でも楽しむことができるスポットがあります。旅行は天候の変化なども気になるところですので、天気を気にしないで室内で遊ぶことができるのは良いことです。

  10. 定番だけれどお台場がおすすめ〜前編〜

    ・フジテレビがあるお台場といえばフジテレビをイメージする人が多いと思います。単なるテレビ局でしょと思うかもしれませんが、中に入ることができます。展望台として観光できる施設もありますので、上に登って景色を眺めることができて、各テレビ番組をイメージしたお土産などを買うこともできます。

ページ上部へ戻る