アーカイブ:2017年 4月

  1. 歴史あふれる場所!東京大学のある文京区!〜後編〜

    【文学好きゆかりの場所】またキャンパス内にも観光名所があります。その代表的なものが育徳園跡です。ここに広がっているのは大きな池で大名庭園の跡になっています。実はあの有名な夏目漱石の小説のモチーフにもなっています。近代文学が好きな方ならとても興奮するよう場所ではないでしょうか。

  2. 歴史あふれる場所!東京大学のある文京区!〜前編〜

    春が近づいて暖かくなるとどこか旅行に行きたくなりますよね。気候もちょうど良くて旅行にはピッタリです。そういった方々に向けて今回も東京観光についての記事をお届けいたします。特に今回的を絞ってお届けするのは都内文京区の本郷という地です。

  3. 新大久保で韓国を感じる!〜後編〜

    食材は、韓国から輸入されているものから、新大久保のお店の韓国人の人たちで考えたと思われる調味料、日本で作られている本格的各種キムチなど日本人の舌に合うであろう食材、総菜、駄菓子が沢山ならんでいます。インスタントラーメンもどのお店も各種取り揃えていて、どれがいいか迷ってしまいます。

  4. 新大久保で韓国を感じる!〜前編〜

    身近な外国、韓国。もちろん手軽に行ける国ではありますが、それでも海外には変わりないのでパッと行けるわけではありません。東京、新大久保で韓国を感じてみませんか? 駅を出ると韓国関連のお店が道を挟んで左右に、さらに両脇の道にも立ち並んでいます。

  5. 都内でおすすめのプラネタリウム〜後編〜

    【五反田 五反田文化センタープラネタリウム】五反田文化センタープラネタリウムの魅力は、投影中ずっと解説員の方の丁寧な解説がついていることです。天体について詳しく知りたい方にとっては大満足の内容になっています。

  6. 都内でおすすめのプラネタリウム〜前編〜

    デートや家族でのおでかけ、出張先などで少し時間が空いたときの時間つぶしにぴったりのプラネタリウム。都内には様々な魅力あるプラネタリウムがあります。映画やテーマパークに比べてリーズナブルなお値段で楽しめるプラネタリウム、おでかけ先のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

  7. 合羽橋は、楽しい!〜後編〜

    業務用の大容量の食品は、大量消費するものについては割安ですし、多すぎるなら一緒に行った人や知り合いとシェアすれば、それもまた経済的です。ココアやスパイス、ふりかけなど、見たことのない大きさの袋を見るだけでも目が楽しいものです。

  8. 合羽橋は、楽しい!〜前編〜

    東京の観光名所と言えば、やはり浅草浅草寺の雷門がお勧めです。行ってみると外国人の割合も多いだけの事はあり、仲見世通りのような日本の下町の活気にあふれた感じや舟和のようかんや雷おこしや焼きたてせんべいなどのお菓子、かき揚げ、お寿司、釜飯といった和食も楽しめます。

  9. 三鷹の森ジブリ美術館であの映画の世界へ飛び込もう!〜後編〜

    マンマユートオリジナルグッズを置いているショップの名前は、『紅の豚』に登場する空賊たちのこと。おなじみのジブリキャラクターのグッズやお土産にぴったりなクッキー、マニアにはたまらないフィギュアや模型まで、細部までジブリの世界観にこだわった商品がたくさんあります。

  10. 三鷹の森ジブリ美術館であの映画の世界へ飛び込もう!〜前編〜

    世界的に有名なジブリのアニメーションの世界を体験できる美術館が東京三鷹市にあります。宮崎駿監督の代表作『となりのトトロ』のネコバスに座ることができたり、短編映画を楽しめる他、アニメーションの仕組みや製作過程が分かる展示もあり、子どもから大人まで楽しむとこができる美術館です。

ページ上部へ戻る