ブログ

都会のオアシス・屋上庭園~前編~

庭園というと、昔に作られた広い庭を想像しますが、そんな塀に囲まれた庭園だけではなく、空に浮かぶ庭園もあります。
ビルが建ち並ぶ都会の中で、開放感満載の庭園が屋上庭園です。そよ風に吹かれながら、街並みを見下ろせるのが屋上庭園の魅力です。

伊勢丹新宿店アイ・ガーデン

美しい芝が敷かれ、開放感を満喫できる屋上庭園です。利用者の中にはシートを広げてお弁当を食べている人がおり、東京の繁華街の中心地とは思えないほど、ゆったりした時間を過ごせます。芝の周りには里山をイメージした雑木林や築山が施されており、350種もの植物が庭に彩りを添えています。

目黒天空庭園

首都高速大橋ジャンクションの屋上に造成されたのが目黒天空庭園です。広さ7,000㎡、一周400mのループ状に設計されており、円に沿ってくねくねと道が続きます。園内の高低差は24メートルあり、高台では富士山を望める富士見台が設けられています。また、敷地内の畑ではぶどうが育てられており、秋には収穫祭が開かれます。

キリコテラス(東急プラザ銀座)

名前の通り、江戸切子をモチーフにした外観が特徴的な建物です。落ち着いたウッドデッキが広々とした空間を引き立てます。テラスは「水」と「緑」の2つのエリアに分かれています。グリーンサイドは壁に飾られた緑が新鮮な香りを漂わせ、ウォーターサイドはリゾート地のようなムードを醸し出しています。白と緑のコントラストが絶妙です。

後編はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る